So-net無料ブログ作成
検索選択

護衛艦「かが」が3月22日に就役!エンブレムの意味と配属先は? [時事ニュース]

スポンサードリンク



海自の哨戒ヘリや陸上自衛隊が導入する新型輸送機オスプレイの搭載が可能という海上自衛隊の最新鋭の護衛艦「かが」が3月22日に就役しました。

哨戒用ヘリコプターなどを最大14機搭載できる「ヘリ空母」型の護衛艦で対潜水艦戦闘に大きな力を発揮するとのことです。

艦艇名「かが」の由来

護衛艦は天象、気象、山岳、河川、地方の名を付与することが標準とされている。本艦は、「地方の名」から選出することとされ、海上自衛隊の部隊等から募集した。様々な要素を加味した検討の上、防衛大臣が決定した。※防衛省公式サイトより

配属先はどこ?

第2護衛隊群(佐世保基地)に編成替えとなった「いせ」に替わり、広島・呉の第4護衛隊群第4護衛隊に編入されました。なお定係港は呉です。

スポンサードリンク


ロゴマークの桜に込められた意味とは?

桜の花ことばは「優れた教育」を意味し、「自衛官の心がまえ」にも通じるそうです。ロゴマークは金箔や加賀友禅をイメージした美しいものとなっています。

艦艇名「かが」の概要

艦番号:184

基準排水量:約19,500トン

全長:248m 全幅:38m 深さ:7.1m

主機関:ガスタービン4基(2軸)

馬力:112,000PS

最大速力:約30ノット

主要装備

:高性能20ミリ機関砲 2基
対艦ミサイル防御装置 2基
魚雷防御装置 1式
対水空レーダー 1基
対水上レーダー 1基
水上艦用ソーナーシステム 1式
EW装置 1式
情報処理装置 1式

特徴
「いずも」型は、「ひゅうが」型と比較し、船体の大型化から得られる拡張性を活用し、航空機運用能力や輸送機能・医療機能等の多用途性をより強化させている。

※防衛省公式サイトより


スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ハルの備忘録 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。